上尾ターミナル前歯科 1月オープン予定

 

上尾にお住いの方こんにちは。

 

上尾ターミナル前歯科では、歯科医院に通いたくないとお考えになる原因に対してしっかりと対処させていただくことを治療の中心に考えております。

 

具体的には以下のことに気を付けております。

 

1.痛くない麻酔

2.歯を抜かずに済む治療法のご提案

3.治療計画・費用を明確にすることと、歯の状況によりプランの変更が起きてしまった場合のご説明をしっかりとすること

4.歯茎の退縮に対応した再生治療、審美歯科治療、矯正治療を行います。

 

上尾ターミナル歯科の開院前の治療案内

歯茎の再生治療に関しては歯茎の再生治療の専門ページをご覧ください。

2013年

6月

15日

上尾ターミナル歯科Blog インプラントの安全性

安全性の根拠になるかわかりませんが、日本で年間60万本のインプラントが販売されています。40年前のインプラントとちがい、オステオインテグレーションと言って骨と結合するという考え方で開発されたタイプのインプラントでは、40年の臨床経過が見られています。また20年後の生存率の90%近いと報告されてもいますので、長持ちすると考えられます。

 

また、インプラントに使用する純チタンは、アレルギーがほとんど起きない物質で、世界的にアレルギーが起きるのは珍しいことです。金属アレルギーの心配はしなくていいと思います

 

上尾インプラント

 

0 コメント

2013年

5月

03日

上尾ターミナル前歯科Blog 定期検診の勧め

歯の痛みは普段感じないことも多いようです。

 

4月に入り心機一転はブラシを始めてみたものの歯がしみてきてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

虫歯が歯石でふたをされて痛みがない場合もあります。定期検診でレントゲンを撮影してしっかりと確認することをお勧めします。

 

通常、1年に1回ほどレントゲンを撮って虫歯の進行がないかを確認されることをお勧めします。レントゲンの被爆量はデジタル化していますので、1日外にいて浴びる天然の被爆と同程度の被爆量ですので、気になさらず虫歯の確認をなさってください。

 

0 コメント

2013年

1月

21日

上尾 歯科ブログ 虫歯治療

 

虫歯とは、ご存知の通り、細菌の感染症です。虫歯の原因細菌が口の中の糖分を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされ、神経や歯にダメージが起きる病気です。

 

虫歯の原因菌をいかに歯にくっつけないかが、虫歯を予防するカギになります。

 

また、虫歯菌によって歯や、神経にダメージが与えられると、歯科治療が必要になります。

 

放置していると歯が折れたり、神経が腐ってしまったりして最悪、歯を抜く原因になってしまうこともあります。そういえば最悪は死亡で、虫歯が原因でなくなられた方がアメリカの医療問題のトピックになっていたようですね。お金がなくて歯の治療ができなかったということでした。

 

まあ、そうでなくても、痛みや将来的に歯がどんどん悪くなってしまう原因になります。

 

上尾の歯科

1 コメント

2013年

1月

03日

上尾 審美歯科ブログ 審美歯科で失敗しないように

近年、審美歯科が、一般の歯科治療や、一部技術のない美容歯科にて行われるようになり、再治療のために来院される患者様が非常に増えてしまった。ということもあるので、安易に審美歯科を紹介するわけではなく、審美歯科選びのポイントをいくつか紹介いたします。

 

審美歯科選びの3つのポイント(もちろんもっといろいろなことはありますが、最低限気を付けていただくことをまず紹介いたします。)

1.拡大鏡・顕微鏡を使用して治療をしていること

2.歯茎の再生や整形など、歯茎の治療をしっかりとしていること

3.審美歯科治療の経験が豊富であること(最低5年の審美歯科治療経験は予後を確認するうえで必要です。)

 

これは最低限、治療の際はこの3つを確認してください。

 

審美歯科治療後に、歯茎の腫れや出血を起こしたという場合は、セラミック治療の精密さが不十分なため、拡大鏡・顕微鏡を使用して再治療が必要です。

 

治療後に歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまったなどの問題は、歯茎を再生させたり整形する技術が必要になります。

 

そして、治療はやりっぱなしではなく、しっかりと経過を確認する病院が重要です。しっかりと経過の写真を撮り続ける病院でないと信頼性が少ないと言えます。

 

上尾の審美歯科

0 コメント

2012年

12月

12日

上尾 歯科ブログ 歯茎を元に戻す治療

歯茎を元に戻す治療法
歯茎がだんだん下がってしまっていませんか。
そのままでは、治りません。
歯茎を元に戻してきれいな口元に 

歯茎の再生治療前の状態。前歯の隣の歯の歯茎がさがり、歯が長くなってしまっているのがおわかりかと思います。

歯茎の移植によって歯茎を元の位置に戻します。

 

歯茎の再生後の状態。歯茎の位置が元に戻り、歯茎の位置がほぼ一直線になりました。

また、歯茎の厚みができましたので、今後歯茎の下がりを予防できます

 

歯茎の再生

0 コメント

2012年

11月

28日

上尾ターミナル前歯科ブログ 

上尾ターミナル前歯科ブログ始めました.

0 コメント